審美歯科とは
  審美歯科治療の流れ
   治療のケース紹介
 
  ホワイトニング
 
  ラミネートベニア
 
  ハイブリッドセラミッククラウン
 
  メタルボンドクラウン
 
  ハイブリッドセラミックインレー
 
  PMTC
 
  ジルコニア
  歯の色の変色について
  医療費控除
  良い治療を受けるには
   タバコがもたらす治療への影響
  審美治療で大切なこと
  治療費
  サイトマップ 
  リンク集
 
タバコがもたらすインプラント治療への影響
 
 
 
 
Point1
ヘビースモーカーの方や大酒飲みの方は、歯ぐきに大きな悪影響を及ぼします。特にタバコは血液中の酸素濃度が、吸わない方に比べて非常に低くなり、歯ぐきまで必要量分の酸素を運ぶことが困難になり、細菌などに対抗する抵抗力が低くなります。
 
Point2
タバコを吸うことによりニコチンの採用で末梢神経が縮小するため、治癒が遅くなり、また傷が開きやすくなります。したがってインプラント手術期間中は是非とも禁煙してください。
 
Point3

タバコによってインプラントに最も大きな危険因子であるのが歯周病です。
歯周病とは、歯を支えている歯ぐきや骨などの組織が炎症を起こす病気で、歯と歯ぐきの間に歯周病の原因菌が付着することで、歯ぐきの出血・腫れを引き起こし、ひどくなるとインプラント自体がグラグラになり、やがて抜け落ちます(脱落)。これは天然歯でも同じことです。

 
上記を見ていただいても、タバコがもたらすインプラント治療の影響は、もちろんガンなどの身体全体の影響のこともそうですが、治療前、治療中、治療後をみても多大な悪影響をもたらし、よいことは一つもありません。インプラント治療をお考えの方や、治療中の方、治療が完了している方も、タバコはなるべく禁煙されることをおすすめします。
 
 

 

 
     
     
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.