審美歯科とは
  審美歯科治療の流れ
   治療のケース紹介
 
  ホワイトニング
 
  ラミネートベニア
 
  ハイブリッドセラミッククラウン
 
  メタルボンドクラウン
 
  ハイブリッドセラミックインレー
 
  PMTC
 
  ジルコニア
  歯の色の変色について
  医療費控除
  良い治療を受けるには
   タバコがもたらす治療への影響
  審美治療で大切なこと
  治療費
  サイトマップ 
  リンク集
 
メタルボンドクラウン
 
 
 
 

セラミック(陶材)は、天然歯の色調や質感をより自然に再現することができ、口の中での変色や磨耗がなく、からだにもやさしい材料です。
そのセラミックを七宝焼きのように、土台となる専用の合金にしっかり焼付けて結合させて強度を出すことが大切なので、当医院ではセラミックを使う治療に次の理由で貴金属合金を使用しています。

 
     
 
セラミック(陶材)とは?
 

セラミックは生体親和性の高い、つまりからだにやさしい材料のひとつです。しかも、プラスチックのように時間の経過とともに色調が変わってしまったり、擦り減ったりすることがない優れた材料です。

 
     
 
硬質レジンとメタルボンドの比較
 
 
 
硬質レジン
ポーセレン・メタルボンド
ゴールド・メタルボンド
●素材
プラスチック
陶材と金属
陶材と純金
●色調再現
隣の歯と近い
隣の歯とほとんど同じ
隣の歯とほとんど同じ
●耐変色性
×
着色・変色がある
着色・変色なし
着色・変色なし
●強度性
柔らかいので、破折・磨耗あり
天然歯より若干硬め
天然歯より若干硬め
●生体親和性
●適応症例
保険で認められてる範囲内で対応できます
かぶせ物のみ 単冠・ブリッジどちらでも対応
かぶせ物のみ単冠のみに対応
●保険適用
保険適用可
保険適用外
保険適用外
 
     
 
セラミックと貴金属合金の相性
 

性質の異なるセラミックと土台の合金を十分に結合させるには、お互いの相性がとても重要になり、特別な専用の合金が必要になります。金などの貴金属を主体とした特別な専用合金は、セラミックとの相性がとてもよく、セラミックと十分結合し、長持ちすることが長い経験からわかっています。
セラミック焼付け用合金の場合でも、被せる歯にぴったり適合させることが必要です。セラミックを焼付けて結合させる合金の場合も、貴金属合金を使うとい患者様の歯に適合しやすくなるという特長があります。

土台となる貴金属合金全体をすべてセラミックで覆ってしまう方法や、合金の一部を露出して一部だけをセラミックで覆う方法がありますが、患者様の状況に応じて判断して設計します。露出した合金の表面が反対側の噛み合わせる歯と接触する場合、貴金属合金は患者様の噛み合わせの歯を痛める危険性が少ないといわれています。
 
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.