審美歯科とは
  審美歯科治療の流れ
   治療のケース紹介
 
  ホワイトニング
 
  ラミネートベニア
 
  ハイブリッドセラミッククラウン
 
  メタルボンドクラウン
 
  ハイブリッドセラミックインレー
 
  PMTC
 
  ジルコニア
  歯の色の変色について
  医療費控除
  良い治療を受けるには
   タバコがもたらす治療への影響
  審美治療で大切なこと
  治療費
  サイトマップ 
  リンク集
 
歯の色の変色について
 
 
 
 

歯の色の変色は、・黄色く変色しているケース・黒ずんでいるケース・灰色や黄色、線が入っていたりしているケース・白濁しているケースの4つのケースがあります。
下記の4つのケースでお悩みの方は、一度歯医者さんに相談してみてください。原因を究明しながら、症状の改善ができると思います

 
 
 
1、 黄色く変色しているケース

茶渋やタバコ、コーヒーや紅茶などによる歯の着色やプラーク(歯垢)が考えられます。そして、歯ぐきに近い部分が黄色くなってきた場合には、むし歯や歯石の付着、歯周病が原因で歯ぐきが退化し歯根部分が露出し黄色く見えること、加齢によるエナメル質の変化など、また、遺伝的なものや栄養障害、乳歯時の外傷や炎症によるものが考えられると思います。

 
     
 
2、 黒ずんでいるケース

歯の神経を取り除いたり、外傷などにより神経が死んでしまったり、などが主な原因と考えられます。

 
     
 
3、 灰色や黄色、線が入っていたりしているケース

妊娠中や幼い頃に飲んだ薬の副作用、特にテトラサイクリン系抗生物質の薬のものが原因と考えられます。

 
     
 
4、 白濁しているケース

むし歯の初期段階が原因と考えられます。

 
Copyright 2006 Ito Dental Clinic. All rights reserved.